Prof. S. Kono & Prof. Y. Shinohara & Prof. H. Watanabe 
 Structural Engieering Research Center
Materials and Structures Laboratory
Tokyo Institute of Technology


 Development of advanced seismic concrete structures

The ultimate goal of our research group is to contribute to the society by making structures safe against various disturbances such as earthquakes, tsunamis, and wind. Research topics cover seismic assessment, seismic retrofit, performance based design, damage controlling system using reinforced, precast and prestressed concrete structures. Look forward to working with young people.

 

 

安心で安全なコンクリート系構造物の提案
(東京工業大学 河野・渡邊)

本研究グループは,安心かつ安全なコンクリート系建築物の構築を目指します.様々なコンクリート系構造物(RC造・PCa造・PC造)を主な研究対象とし,構造材料特性の解明とモデル化・新材料の開発・構造の基礎理論から実務への応用を行います.理論と実験の2つの方法で研究を進めることが特色です.研究成果は,既存建物に対する耐震診断,耐震補強方法の開発,損傷制御型の新構造システム提案,など幅広い分野で生かされます.コンクリート系構造に興味のある学生および研究者の協力を広く求めます.

 

2016年4月より,学内改組のため所属機関名称が変わりました.
河野・渡邊とも,以下の通りです.

  • 正式な所属は,「東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 都市防災研究コア」
  • 教育上の所属は,「東京工業大学 環境・社会理工学院 建築学系 建築学コース

 

  • 「科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所 構造機能設計領域」にも所属
  • 建築学系 都市・環境コース」にも所属

 

[Publications][People][Contact Us][Prospective Students][Class][入学希望者]

 

Copyright(c) 2012-2016 Kono Research Group. All rights reserved.